3日目/パンプローナ(Pampelune)/20km

カミーノ・デ・サンティアゴ

07:00 起床
08:00 出発

パンプローナに向けて出発

パンプローナに向けて出発

猫が見送ってくれている

猫が見送ってくれている

旅人へのプレゼント?

旅人へのプレゼント?

11:00 教会

教会の中

教会の中

キリスト像

キリスト像

日本人も訪れたようだ

日本人も訪れたようだ

11:30 お昼

山道を歩く

山道を歩く

先を行く旅の同志

先を行く旅の同志

残り少なくなると、歩きからダッシュに変わる

残り少なくなると、歩きからダッシュに変わる

パンプローナの街並み

パンプローナの街並み

教会

教会

パンプローナの盛り場/酒場から人が溢れ、道端で座って飲んでいる!

パンプローナの盛り場/酒場から人が溢れ、道端で座って飲んでいる!

15:00 パンプローナのアルベルゲ(Maria)到着/8ユーロ

パンプローナのアルベルゲ(Maria)

パンプローナのアルベルゲ(Maria)

washing and laundry space/どこのアルベルゲも手洗い用の場所とコインランドリーの両方がある

washing and laundry space/どこのアルベルゲも手洗い用の場所とコインランドリーの両方がある

乾燥機の使い方/1ユーロ入れてスタートボタンを押せばよさそう

乾燥機の使い方/1ユーロ入れてスタートボタンを押せばよさそう

16:00 街に買い出しに

リー長老とユンとリーとウンバルと買い出しに出かける。道中写真を撮りながら街を散策する。少し歩き回った後、ユンがサンダル(スリッパ)を買いに行こうと誘ってくれた。これまでの数日間、ユンがスリッパを貸してくれていた。日本と違って靴を脱がない風習とはいえ、山歩き用の靴で宿の中を歩くわけには行かないし、裸足だとトイレやシャワーを浴びる時に問題がある。パンプローナは大きな街なので、ここならサンダル(スリッパ)は買えるだろう。幾つかの店を回るが中々見つからない。数件目でやっと見つかった。25ユーロだ。たかがスリッパに25ユーロはとても高いが、諦めて購入する。カミーノ・デ・サンティアゴのガイドブック(英語版)も探したが、図鑑のような大きさだったので諦めた。途中で寝袋を見つける。ユンに、寝袋日本に置いてきちゃったんだよねーと話しながら通り過ぎる。この時買っておくべきだった。たぶんここなら値段もそこそこだったと思うし、この後寒い夜を過ごすことになる。

かわいい少女達

かわいい少女達

19:00 夕食

リー長老以下韓国人のメンバーがコリアンヌードルを作ってくれる。美味しい!別のテーブルではオーストラリア人カップルを中心にグリルを使って分厚い豪快な肉を焼いている。まるでバーベキューのようだ。自分はパスタを作って韓国人のメンバーとシェアしながら食べる。途中でアメリカ人のジェシカが来る。「まあなんて美味しそうなラーメンなの!?」「ここにちゃっかり座っちゃったりしちゃおうかしら」アメリカのコメディー番組を見ているような、ジェスチャーと表情が豊かで、声も低い声から高い声まで自由自在だ。もちろんと言い、その後ブライアンなども加え、みんなで楽しく食事する。食事が終わった後もワインを飲みながら談笑は続く。ブライアンがビールをくれた。後から聞くとオーストラリア人のビールのようだ。彼は気前がいいから大丈夫だよと言っていた。途中でイタリア人のジョアンナも交えて話しが続く。韓国人がとても多いねと誰かが言った。カミーノ・デ・サンティアゴ(フランス人の道)でなく、韓国人の道の方がしっくりくるねと答えたら、一堂にそうだねと笑いが起きた。

途中でこの巡礼を何で知ったのと聞かれ、次のように答えた。四国のお遍路で、フランス人と会って少しの間一緒に歩いた。フランス人にどうしてこのお遍路を知ったのと訪ねたら、カミーノ・デ・サンティアゴの到着地で、お遍路のチラシを見た。面白そうと思いやってきたとのこと。その話しを聞いて、今度は自分がカミーノ・デ・サンティアゴって面白そうって思ってここにいるんだ、と。凄くいい話で面白い話だねとみんな言ってくれた。ここにいるメンバーもまたお遍路に持ったようで、今度行きたいと言っていた。カミーノ・デ・サンティアゴとお遍路にまつわる話しはまだまだ続くかもしれない。

とても楽しい時間で、この時間がいつまでも続いて欲しいと思ったが、自分は途中でベットに戻った。ここはやっとWiFiがそれなりに繋がる。ブログを書かないのに重いノートPCを持っていることは、単なる苦行だ。

みんなでシェアして食べる/キムチヌードルが美味しい!

みんなでシェアして食べる/キムチヌードルが美味しい!

22:00 ブログ執筆開始
23:30 就寝(寝落ち)

色々思い出せないので、取り敢えず画像だけ貼っておきます。
帰国後思い出したら追記します。もっと色々楽しいことがあった気がするけど、思い出せないのが残念。。

カミーノ・デ・サンティアゴ(トップページ)