2a. AWS環境構築(備忘録)

システム構成(EC2/t2.micro)

ハードウェア構成
項目 スペック
CPU Intel Xeon 2.40GHz
Memory 1GB
HDD 約12GB
ソフトウェア構成
項目 内容
OS Red Hat Enterprise Linux 7.1
MW Apache 2.4.6
MySQL 5.6.40
AP PHP 5.6.0
WordPress 4.7.3

AWSアカウント作成

AWSのEC2は下記のサイトを参考にしたような気がします。

参考
わずか5分!? AWSのEC2でクラウドなウェブサーバーを構築してみた

EC2にSSH接続

参考
EC2(Elastic Beanstalk)にSSH接続する

ミドルウェア導入

Apache、MySQL、PHPは開発環境と同様に構築しました。開発機はUbuntuなので、apt-getコマンドの代わりにyumコマンドを使用しました。WordPressも同様にwgetでダウンロードして、yumでインストールです。

WordPressトラブルシューティング①

①WordPressのテーマ(BizVektor)をインストールしようとしたところ、メモリ不足でエラーとなる
⇒mysqlのテーブル定義のキャッシュのデフォルト値が大きめに設定されているのが原因で小さい値に修正

参考
[aws][mysql]メモリ不足になったのでmysqlの設定を調整

②プラグイン(Multi Plugin Installer)をインストールしようとしたところ、モジュール(mbstring)が入っていない為エラーとなる
⇒モジュール(mbstring)をインストールを試みるもエラーとなる
⇒関連レポジトリを有効化し、その後モジュール(mbstring)をインストール/有効化した

参考
[PHP] mb_convert_kana() / mb_convert_encoding() などが使えずエラーが発生する時の対処法

ドメイン名取得

  1. EC2のインスタンスに固定グローバルIPアドレスを付与するよう設定
  2. ドメイン名取得
  3. 固定グローバルIPアドレスにドメイン名を関連付ける
    http://IPアドレス/wordpress/ ⇒ ./

参考
AWSのRoute 53というサービスとElasticIPアドレスを使って独自ドメインを設定

WordPressトラブルシューティング②

WordPressを設置しているサーバのドメイン/固定IPを上記で変更したことで、管理画面が開けなくなる現象に遭遇。WordPressをセットアップしたときに、WordPressで使用しているDBにドメイン/IPアドレスの情報が記録されているので、このDBのレコードを更新する必要がありました。

参考
WordPress稼働サーバのドメインや固定IPを変更した際にやらなければいけないこと

※いつかログから具体的な作業内容を引っ張ってこようと思っています。。

サイトアドレス変更

ふとURLが長くてかっこ悪くない?と気付く。URL末尾にwordpressがついているサイトって見たことないし。
./

サイトアドレスを変更したい思いを込めてググってみたら、ありました!
./ ⇒ ./

参考
サブディレクトリ(/wp/)にインストールしたwordpressをドメイン直下に表示する方法

ファビコン(favicon)設定

ブラウザ上のタブや、お気に入り一覧で表示されるそのサイトのアイコンをファビコン(favicon)といいます。下記を参考に設定します。

  • 画像をfavicon用に変換
  • faviconアイコン(拡張子が.ico)をサーバにアップロード
  • header.phpを編集
  • ブラウザキャッシュをクリアして、リロードしてfaviconが設定されていることを確認

参考
WordPressでファビコンを表示させる方法