3. PHP入門(備忘録)

プログラムを作成

  • ブラウザに文字を表示するにはprint又はechoを利用
  • 文字はシングルクォートで囲む
  • 処理の最後はセミコロン
  • 変数

Webページの仕組み

  • 要求(リクエスト)
  • 応答(レスポンス)
  • ドキュメントルート(htdocs)

関数(ファンクション)基礎

  • 関数の書き方
  • mt_rand: ランダムな整数値を返す
  • mb_strlen: 文字列の長さを取得する
  • htmlspecialchars: HTMLで特殊な意味を持つ文字(特殊文字)を表示可能な形式に変換する
    • ‘&’ (アンパサンド) を ‘&’ に変換する
    • ‘<‘ (小なり) を ‘&lt;’ に変換する
    • ‘>’ (大なり) を ‘&gt;’ に変換する
    • ENT_QUOTES が設定されている場合、’ (シングルクォート)を ‘&#039;’
      (あるいは ‘&apos;’) に変換する

データ型・演算子

  • データ型の種類
    • 整数型(integer)、浮動小数点型(float)
    • 文字列(string)
    • NULL型(null)
    • 論理型(boolean)
  • データ型の確認方法(var_dump)
  • シングルクォートとダブルクォートの違い(※基本的にシングルクォートを利用する)
  • 算術演算子(+-*/%)
  • インクリメント演算子(++)とデクリメント演算子(–)
  • 代入演算子(=)
  • 文字列演算子(.)
  • 比較演算子(==/!==/</>)
  • 論理演算子(&&/||)

if 文

  • <pre>タグ: ソースコードのインデントなどを見たそのままに表示します
  • if 文の書き方
  • if 文と論理演算子
  • if 文の使用例

配列

  • 配列の書き方($class = array(”, ”, ”);)
  • 連想配列の書き方

スーパーグローバル変数

  • スーパーグローバル変数: プログラム実行時に自動的に定義され、プログラムのどこからでもアクセスできる変数
  • GET(検索結果を表すページなどに使用)
  • POST(ユーザ名やパスワードなど秘匿性の高い情報を送信する際に使用)
  • value=””に指定した値が、$_GET又は$_POSTに送られてきます
  • 変数が存在するかどうかの判別(isset)
  • 変数の初期化

繰り返し処理

  • for文の書き方: for ($i = 0; $i < 5; $i++)
  • while文の書き方: while ( $i < 5 )
  • foreach文の書き方: foreach (配列 as 値を入れる変数)